過払い金請求の弁護士に依頼する際のメリットとデメリット

過払い金返還請求をする際には、専門家である弁護士司法書士に依頼するのが良いです。

 

専門家ですと詳しい知識や相手との交渉術などに長けていますので、
自分で交渉するよりもずっと高い効果を期待できます。

 

特に相手の賃金業者は、お金に関する百戦錬磨のプロ集団です。

 

法律も何もわからない個人が交渉に臨んだとしても舐められるのは必死です。

 

 

その中でも、過払い金請求の解決を弁護士に依頼する場合には多くのメリットがあります。

 

過払い金請求の訴訟は、地方裁判所簡易裁判所で行われます。

 

この2つの裁判所の大きな違いは、出席することのできる対象者が異なってきます。

 

地方裁判所での訴訟には、請求をする本人と弁護士、
相手の代表取締役等に限定されます。

 

その点簡易裁判所には、社員などの参加も認められています。

 

弁護士を立て地方裁判所で訴訟を行うことで、
相手側もわざわざ費用をかけて弁護士を立てざるを得ない事態になります。

 

裁判が長引くとその分費用もかさむので、相手側は裁判を早く終わらせてしまいたいと思い、
和解案など有利な状況に立てる可能性が高まるメリットがります。

 

しかしデメリットとして、こちらの費用もかさんでしまうことが挙げられます。

 

過払い金返還請求訴訟を起こす際に弁護士を雇うことは、
有利に訴訟を進められる可能性が大きくなりますので、メリットが大きいです。

 

弁護士にかかる必要経費(報酬金)ですが、これも和解金の中から支払うことができますので
自分の今の予算を使う訳では無いので、効率的に行えます。

 

弁護士に必要になる経費も考慮する必要はありますが、
そのまえに和解金を満額に近く勝ち取ることの方が重要です。

 

弁護士に支払う報酬金制度は、私は良い気がしています。

それは弁護士もなるべくお金を沢山欲しいでしょうし、
そのためには和解金もなるべく多く勝ち取りたいです。

 

本人と弁護士のベクトル(方向性)は同じで一致団結して
過払い金返還訴訟に臨めるので、相乗効果も期待できます。

 

そのためにも信頼の置ける実力のある弁護士に依頼するようにして下さい。

 

▼債務整理に強くて無料相談可能なおすすめ法律事務所リスト▼

無料相談可能な法律事務所

>>無料相談可能な法律事務所の詳細はこちらから確認できます!<<