任意整理を行うと住宅ローンが組めなくなるの?

借金問題

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と返済について交渉をし、
支払いが出来る条件で合意を成立させる手続のことを指します。

 

任意整理は、自己破産しなくても借金問題を解決できる債務整理の一つの方法として選択する方が多いです。

 

但し、この任意整理を行うと、新しい借り入れが5年間から7年間はできなくなるというデメリットがあります。

 

では、住宅ローンは組めるのでしょうか、組めないのでしょうか!

基本的には、住宅ローンにも任意整理は影響をあたえるため、5年間は組むことが出来ません。

 

任意整理を行うと、信用情報機関のデータベースに掲載されてしまうためです。
このデータは、5年から7年程度の間、保存されています。

 

そのため、その間は住宅ローンを借りる時の審査にも影響をあたえてしまうため、
新規に住宅ローンを組むことが難しくなってしまいます。

 

しかし、住宅ローンに影響があっても例外というものはあります。

まず、基本的に任意整理を行った借金はもちろん完済していること、
そして、他の借金が全くないということが大切です。

 

また、安定した収入があり、勤務先などが大企業であったり、公務員などであることもチェックされます。

 

また、任意整理をした時の債権者と全く関係のない金融機関で住宅ローンを組むということもポイントです。

 

提携していたり、子会社であったりするなど、金融機関は様々な形でつながっています。

 

そのため、全く違う系列の金融機関で、現在の返済能力を証明できれば、
新規に住宅ローンを組むことが出来る可能性もあります。

 

▼債務整理に強くて無料相談可能なおすすめ法律事務所リスト▼

無料相談可能な法律事務所

>>無料相談可能な法律事務所の詳細はこちらから確認できます!<<


任意整理で自己破産しないで借金返済する方法

借金問題を解決する方法として任意整理は、事故破産申請をしなくてよいので選択する方が多いですが、住宅ローンの審査は通りにくくなるので注意が必要です。もしも任意整理をすると、その情報は個人信用調査機関にしっかりと把握されてしまいます。そしてその個人信用情報は、金融機関には簡単に伝わってしまうのです。ですから基本的に、任意整理中に住宅ローンに申し込んでも、審査に通ることはあり得ないと考えて間違いありませ...

債務整理の中で任意整理は、自己破産をしなくて借金問題を解決できる方法として選択する方が多いですが、住宅ローンを任意整理の対象に含めるかは非常に大きな問題です。住宅ローンを任意整理の対象にして弁護士に依頼をすれば、弁護士は着任通知を銀行に郵送します。着任通知を受け取った銀行は、即座に連帯保証人に住宅ローンの残額の返済を要求します。そして弁護士との交渉には応じません。交渉に応じなくても問題無いからです...